人気ブログランキング |

坐骨神経痛はつづく

安保法案をめぐって、著名人の中にも色々と政治的発言をされている方をメディアを通じ目にします。

周りに対し大きく影響を与える方は、しっかりとした根拠を元に発言をして欲しいと思うのは私だけではないと思うのですが…

私は「憲法9条があったからこそ、戦後日本は戦争にも巻き込まれずこれた」という発言に少し哀しい気持ちになります。

その発言には、9条が持つリスクを認識されてないのではと思うのです。

「9条は大事で、それは守っていきたい」という発言にはそんな気持ちにならないのですが、「戦後日本は戦争にも巻き込まれずに来れた」というのがどうも引っかかります。

僕はこの方の考え方やスタンスが好きです。

      


前置きが長くなりました。

こんばんは、苞徳堂です。

坐骨神経痛の方は年がら年中おられるのですが、今年は特に多い気がします。

そんな中にひどい方が一人おられます。

治療中から症状は消えるのですが、どうも持ちがよくありません。

ましてやその方は看護師さんなのでなかなかの肉体労働です。

またメンタル的にもしんどそうです。

加えて、なかなか継続して治療が出来ません。

こういう時、一医療人として色々なジレンマに襲われます。

そこは割り切らないとダメだということは言われるのですが、性格上意外にひきずります。

もっと腕が上がるよう精進します!



a0331843_14070953.png
# by houtokudou | 2015-06-27 00:42 | 症例 | Comments(0)

何で捻挫?

すいません、食べちゃいました。

アイスクリーム。

それもいつものガリガリ君ではなく、明治スーパーカップのバニラ。

いつも患者の皆さんには冷たい物を4摂りすぎないように言っているのですが…。

こんばんは、苞徳堂です。

美味しかったです。

本日中学生の男の子が来院。

前回は小学生の時だったのが、身長が伸びて174cm!

そんな彼、日曜日にサッカーの試合中捻挫。

痛みは大分減っているが念のために治療に来られた。

確かに動作通は極端に動かしたとき以外は全く出ない。

一ヶ所だけ押さえると痛む場所がある。

全身を丁寧に観ていくと、若いのに身体の疲労感がある。

腹部も妙に硬い。

よっぽど練習がきついのかと尋ねると、横から母親が「実は2週間ほど前、結腸炎で入院していた」という!

退院してすぐ練習に復帰。

で、1週間後に試合、そして捻挫。

なるほど!(ここには色々なことが含まれるが疲れたので割愛)

弱りが少々きついので、刺さないハリで施術。

痛みは0に。

体表の弱りの所見はまだ少し残る。

次回土曜日にもう一度来てもらう。

なかなかいい仕上がり。





a0331843_14070953.png
# by houtokudou | 2015-06-24 23:36 | 症例 | Comments(0)

うずく・3(坐骨神経痛)

おしりから足にかけてのうずき

いわゆる坐骨神経痛。

こんばんは、ちょっと睡眠不足の苞徳堂です。

これに関しては年がら年中います。

昨日も新規で一人来られました。

これもなかなかやっかいです。

原因は色々あります。

昨日の方もまずは病院へ。

しかし、レントゲンでは異常なし。

ま、様子みましょという事で処置も何もなし。

で、接骨院へ。

病院で注射打ってもらえ楽になるよといわれる。

この時点で患者さん困惑。

でも一か月通ったそうです。

改善なし。

で、うちへ。

うずきぐあいはそんなに強くはないが、常時やみだるい(石川県独特の言い方?)

意外に腰の問題よりもおしりに問題があることが多いが、この方もそっち。

案の定触るとアリ!

身体全体を観て、手のツボに一本。

はい、消えました。

こういう事も多々あります。

明日また来られますが、状態が楽しみです。

そうはいかない人もいっぱいいます。

これで今回のうずきシリーズは終了します。

うずきも色々あります。

あっ、頭がうずく症例もあったのですが…今思い出しました。

まっ、これは機会があればまた。

それでは寝ます。



a0331843_14070953.png
# by houtokudou | 2015-06-09 23:16 | 症例 | Comments(0)

うずく・2(肩関節の石灰沈着性腱板炎)

肩のうずき

肩にネズミがいました。

通称 関節ネズミ

超簡単に説明すると、肩関節内の靱帯等に石灰が沈着して、そのために周りを刺激。

圧倒的に中年以降の女性に多い(私の臨床の中で男性は1度だけ。それも肩関節ではなく肘関節にいた)

症状は、なんせジクジク痛い。熱い。夜は余計いたくなることもある。

この方も還暦を迎えた女性。

よく働きます。

病院でステロイドの注射を打つも余り効果がない。

そこで来院。

身体をよく観て、足に一本うつ。

うずきが半分以下に。

しかし、翌日には元に戻る。

3回目から治療をするとうずきは消える。

今回も何回かの攻防を繰り返す。

現在、うその様にうずきもない。

肩を動かしても、全然痛みなし。

そして、術者はガッツポーズ。

a0331843_14070953.png

# by houtokudou | 2015-06-03 14:30 | 症例 | Comments(0)

うずく・1

5月中、うずき(自発痛)をともなう方が多く来院。

膝のうずき

時折、膝が痛くなると来院。

しかしうずきを伴うのは初めて。

初めは病院にてヒアルロン酸注射を打つも、まったく効果なし。

そこで来院。

丁寧に身体を観て、背中に一本ハリをうつ。

うずきが消える。

しかし、翌日にはまた出現。

その攻防を何度か繰り返す。

現在うずきはなし。

まだ歩くと痛みはでるが、精神的にも安堵したよう。

うずきがあると夜も眠れず、精神的にも治るのかと不安にかられる。

しかし一歩一歩前進を感じる度に光明をみいだす。

そして、術者自身も安堵する。


a0331843_14070953.png
# by houtokudou | 2015-06-01 21:45 | 症例 | Comments(0)

苞徳堂の情報や日々の色々を書きます


by houtokudou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る